HOME > 高等学校 > 学校生活 クラブ紹介 > サッカー部

学校生活

サッカー部

「一人ひとりの顔が見えるサッカー」「強く&愛されるチーム」を目指して!!

JリーグFC東京でプロの卵を育成してきたコーチが監督となり、本気で日本のトップを目指しています。幼稚園から大学まで全カテゴリーでサッカーができる“札幌大谷サッカー”をつくります。

札幌大谷男子サッカー部は、男女共学と共に強化クラブとして2009年4月に発足しました。

初年度は部員11名マネージャー2名でスタートし公式戦では全く勝つことができない苦しい1年を過ごしました。 しかし、2年後の2011年度は、部員も増え少しずつ勝利を重ね「札幌プリンス(32チーム)」「U-16札幌リーグ(16チーム)」において2部から1部リーグへ昇格、選手権札幌予選では最後の代表決定戦へ進出し、あと1勝で全道大会というところまで進むことができました。個人としても、国体へつながるU-16札幌トレセンに選出される選手も出ており、チームとしても個人としても成長の跡がみられています。

3年目は、全道大会・全国大会出場を現実的な目標と定め、日々の練習・試合から意識と質にこだわり「北海道No.1」から「日本No.1」となる個人集団、チームを目指しました。その結果、2012年度に全国大会初出場。さらに2013年では「全国高校サッカー選手権」に初出場しました。

将来は、U-18年代でのNo.1のチーム、プロで活躍できる選手を輩出する高校サッカー部でありたいと考えています。

顧問:田部 学監督

指導方針

サッカーを心から愛するサッカー小僧たちが求めることは「チームの勝利」と共に、「サッカーがうまくなること」「人間として成長すること」により、幼い頃から持ち続ける「日本代表選手になりたい」「海外でプロとして活躍したい」「好きなサッカーを完全燃焼したい」という夢や希望をかなえる環境だと思います。
田部監督自身、8年間プロの育成コーチ(FC東京)としての経験から、この年代において必要なことはチームとして強くなるだけでなく、個人としていかに成長できるかであり、その成果が一人ひとりの夢をかなえ、チーム力を高め、卒業後のステージへとつながっていくと考えています。したがって、サッカーに限らず日々の生活から「個人がうまくなること・成長すること」を念頭に置き、そのバックボーンとなる人間力Upを意識し、成功のサイクルを習慣化できるよう選手には求めています。
クラブ内の組織も自主的に運営できるように、執行部・広報部・栄養メディカル・勉強部等12の部門で選手一人ひとりが責任を持って行動できるように働きかけ、少しずつ動き出しており、少年サッカー大会運営や札幌マラソンへの参加、食生活サポートの実施など“off the pitch”での活動も多く取り入れています。
“一人ひとりの顔が見えるサッカー”、“強く&愛されるチーム”を目指して!というチームコンセプトの下、「小さな頃からの夢を継続して目指すことができるクラブ」、「理想と現実の中で新たな自分を発見し成長できるクラブ」となれるよう選手・スタッフ一同全力で頑張っています。

合宿の模様(2010.8.6~9)

「8月6日から9日、この夏2回目の強化合宿を中札内で行いました。
1年生中心のメンバーながらも、道内強豪である、室蘭大谷・帯広北とも互角の戦いを演じ、確実に力をつけ、これからが楽しみなチームになってきています。
1日2試合とハードなスケジュールではありましたが、一日中芝生の中で思う存分サッカーを満喫し、一人ひとりが心身共に成長を実感した日々となりました。」
監督 田部 学

主な実績

男子サッカー(チーム)
大会名 結果
2016年
高円宮杯U-18 プリンスリーグ北海道 現在第4位
インタ-ハイ札幌支部大会(釧路市) 第3位
※優勝(2回<H25・27>)・3位(1回)
インタ-ハイ全道大会(釧路市) 優勝(2年連続2回目)
※全国出場4回目・優勝(1回<H27>)・
準優勝(2回<H24・H25>)
インタ-ハイ全国大会(広島) 2回戦敗退
※2年連続4回目の出場
2015年
インターハイ北海道予選大会 優勝
全国高校サッカー選手権北海道予選大会 優勝

新着情報