HOME > 中学校 > Q&A(入試について)

入試情報

Q&A(入試について)

回答

試験室に参考書等を持ち込んで良いか?
良いですが、試験開始の5分前にかばんにしまうように指示があります。
ページトップに戻る
試験室に持っていっていけないものはあるか?
携帯電話スマートフォンなどの通信機器、iPodなどの音源機器などは禁止しています。
ページトップに戻る
試験中の筆記用具の使用は?
鉛筆・シャープペンシルどちらでもかまいません。試験開始前に筆記用具・消しゴム以外はかばんにしまうように指示があります。
ページトップに戻る
試験中にトイレに行きたくなった時はどうしたらよいか?
手を上げて試験官にそのことを伝えてください。係生徒または教職員が案内します。戻ったら試験を再開しますが、時間を延長することはありません。
ページトップに戻る
試験中に具合が悪くなったらどうしたらよいか?
手を上げて試験官にそのことを伝えてください。保健室に案内し、状況を確認し、その後の判断をいたします。
ページトップに戻る
コンパス・定規は必要か?
必要ありません。
ページトップに戻る
適性型入試の英数選抜・特進の判定基準は?
受験者の得点状況からそれぞれに合格基準を設けて判定します。
ページトップに戻る
面接の時間は?
5分~7分です。
ページトップに戻る
面接は合否に関わるか?
入試における総合判断の材料となります。
ページトップに戻る
面接の時の服装は?
平服で結構です。特別な装いは必要ありません。
ページトップに戻る
面接ではどのような内容が聞かれるか?
志望動機、小学校時代のこと、中学に入学してチャレンジしたいことなど、受験生の個性や考え方がわかるような質問です。
ページトップに戻る
音楽の実技試験の目安はどれくらいか?
専攻の楽器(ピアノ、バイオリン、フルート、声楽など)について1曲を仕上げる必要があります。ピアノの場合ソナチネ以上であることが望ましいです。本番は暗譜で曲を演奏しますが、曲の難易度よりも完成度と意欲を見ます。
受験生対象の「ジュニア音楽講座」を実施しております。実技相談にも応じていますので、詳しくはジュニア音楽講座のページをご確認ください。
ページトップに戻る
美術の実技点検はどのようなものか?
ピーマンかパプリカの絵(水彩絵の具で着色)又は、紙粘土でつくったもののうち、どちらかを12月の願書出願期間中に提出し、その内容について面接で質問します。色や形を意欲的にしっかりとらえるように頑張りましょう。
「大谷あ~とセミナー」を実施し、受験生に対する実技指導を行っております。詳しくは大谷あ~とセミナーのページをご確認ください。
ページトップに戻る
昼食場所は?
英数選抜コースは午後まで試験があるので試験室で昼食をとってもらいます。筆記試験が全部終わるまで保護者の方と会うことは出来ません。
ページトップに戻る
試験中に保護者はどのようにしたら良いか?
試験終了までお待ちいただく場合は、保護者控え室がございますので、そちらでお待ちいただくことが可能です。なお、学力試験室には入室できませんので緊急の用件がございましたら係の教職員までご連絡ください。
ページトップに戻る
雪害による交通障害などで試験当日遅刻しそうになった場合はどうしたらよいか?
本人の不利益にならないように対処しますので、そのような場合は集合時間前に必ず本校に電話連絡をしてください。
ページトップに戻る