HOME > 学校紹介 > 校長挨拶

学校紹介

高校校長挨拶

人生には悩みや苦しみが多いものですが、
それが自分の人生である以上、他の人に代わってもらうことはできません。
自分の苦しみを他者と比べることなくありのままに受け止め、
その状況下で自分の存在価値を素直に認めた上でどう生きるべきかを考える。
そして、たとえ苦難の渦中にあっても
人とのつながりの中で生かされていることに感謝し、思いやりをもって応える。
そうした日々の実践が、未来へ前進する力となるのです。

自分はどう生きるか。自分が生きる目的は何か。

人間は自らの人生から常に「問われている存在」であり、
答えを求めて学び続ける姿勢は一生の財産です。
どうか人生からの問いかけに真摯に向き合い、主体的に学び続け、歩み続けてください。
本校の教員も「問われている存在」のひとりとして、
人間同士の深い絆と慈愛の心をもってみなさんとともに歩んでいきます。

札幌大谷高等学校
校長 種市 政己

中学校長挨拶

2018年のスタートを機に、札幌大谷中学校は大きく変わりました。
「CHANGE! OTANI!」「CHALLENGE! OTANI!」を掲げ、英数選抜コースや特進コース、
そして音楽コース・美術コースを立ち上げた「原点」に立ち返り、 「原点の志(こころざし)」
をよみがえらせ、そしてそれを現在において実現させる、そのように宣言したのです。

「本気で向かい」「本気で取り組み」「本気で結果を出す」という3取り組みの原則です。

この3つの原則(約束)を常に意識し、自らの行動に貫いたならば、
生徒たちの取り組みは必ず「成果」として結実します!
全ての生徒たちがこのように、大谷で変わり、成果に結びつけるために
私たちの札幌大谷に、ぜひチャレンジしてみてください!

札幌大谷中学校
校長 阿部 不二雄