HOME > 高等学校 > 学校生活 クラブ紹介 > 女子バレーボール部

学校生活

バレーボール部

「小さな努力を重ね、大きな夢をつかめ!」をモットーに
意欲的に練習に取り組んでいます。

札幌大谷高等学校バレーボール部は全国上位を目指し、一人ひとりが目標を持ち、何をすべきかを考え、課題を持ち練習しています。やらされるバレーではなく、自分で考えた、自分たちのバレーを展開しています。

「小さな努力を重ね、大きな夢をつかめ!」をスローガンに全国大会上位進出を目指して活動しています。高い進学実績を継続するために、文武両道の精神を大切にしています。同じ志を持つ仲間たちと夢を追うなかで、豊かな人間性と広い心を育みましょう。そしてコート一杯に、笑顔の花を咲かせよう!!

主な実績

2018年度(11月17日現在)
【春高バレー 全道大会】準優勝 (15回目の全国大会出場)
【福井国体】少年女子 第7位(北海道選抜に7名参加)
【天皇杯皇后杯北海道ラウンド】 準優勝
【インターハイ】 決勝トーナメント 2回戦進出 (15回出場)
【インターハイ全道予選】 優勝(8回目
【インターハイ札幌支部】 準優勝
【札幌地区高校春季大会】 優勝(18回目)

2017年度
【春高バレー2018 全道大会】 優勝(2年連続9回目 全国は14回目)
天皇杯皇后杯北海道ラウンド】 優勝
【インターハイ】 決勝トーナメント 2回戦進出(14回出場)
【インターハイ全道予選】 準優勝
【インターハイ札幌支部】 準優勝
【札幌地区高校春季大会】 優勝(17回目)
【第21回東日本選手権】 ベスト8
【第6回ニセコカップ】 優勝

・卒業生の教員数(2000 - 2013年)17名

 道立小・中学校 7名、札幌市立小・中学校 8名、
 私立高校(札幌市内) 1名、私立中学校(神奈川県) 1名

新着情報