HOME > 高等学校 > 教育内容 音楽科

教育内容

音楽科 コースの特色

音楽科

音楽の専門性と総合力を高めるために。

Point1 バランスの良い授業構成で実力アップ

実技レッスンを含め専門科目を週8~11時間展開。理論や音楽の歴史といった基礎知識からソルフェージュ、演奏研究、合唱、実技まで、バランス良く学びます。トータルな実力アップができる授業構成です。

Point2 個人指導と充実の施設でレッスンに集中

一人ひとりの学びをサポートするのは、演奏家としても経験豊かな指導者。音楽室やピアノ室などレッスンに集中できる14の機能的スペースを確保し、休日や放課後には個人練習のためにレッスン室を開放しています。

Point3 全力で表現、さらなる成長へ

音楽科最大のステージは、秋にキタラで開催される定期演奏会。1月には卒業演奏会。3月にはアンサンブルを中心とした在校生コンサート。発表の場は成長の場でもあります。

専門性を追求するため、音楽だけで7科目。

週9~11時間の音楽専門実技が学べます。男女共学となり合唱の授業がさらに充実。
一般教科は国語・英語を中心にセンター試験レベルにも対応しています。

◆カリキュラム

カリキュラム

※○、△内の数字は選択科目

◆時間割例(1年生)

総合学習は校外学習、展覧会鑑賞、美大出張講義で実施

※講座は学習講座と音楽講座。専攻による必修あり。