HOME > 高等学校 > Q&A(入試について)

入試情報

Q&A(入試について)

回答

単願入試・推薦入試、一般入試の違いは何ですか?試験内容に違いがありますか?

「単願」は本校のみを志願している生徒を対象とした試験です。
「推薦」は本校のみを志願し、中学校で学習や特別活動に積極的に取り組み、出身中学校長の推薦書が提出された生徒を対象とした試験です。
「一般」は本校と公立高校や私立高校を併願する生徒を対象とした試験です。
「単願・推薦入試」と「一般入試」は試験日が異なりますので、試験内容も異なります。
「単願・推薦入試」の試験内容は普通科は面接のみ、音楽科・美術科は実技試験と面接です。合格決定後、学力点検を実施します。
「一般入試」の試験時間は各教科45分で、基本問題から応用問題まで幅広く出題します。試験科目は、下記の表をご覧ください。

  単願・推薦入試 一般入試
普通科
学力重点コース(Sコース)
個性探求コース(Gコース)
面接 国語・数学・英語・理科・社会
音楽科
美術科
実技(※)、面接 国語・数学・英語、実技(※)

※芸術教室にて「実技試験免除認定」となった受験生は、当日の実技試験は免除になります。

ページトップに戻る
地方試験はありますか?
はい。一般入試で「地方試験」を設けています。「函館」「北見」「釧路」の3会場を予定しています。
なお、音楽科・美術科受験者のうち実技試験受験者は札幌会場での受験になります。
ページトップに戻る
芸術教室や音楽点検会ではどんなことをするのですか?

中学3年生を対象に、音楽科は9月・11月に「実技免除認定会」と12月に「芸術教室」を、美術科は7月、12月に「芸術教室」を実施しています。詳細については、学校公開や中学校を通して案内します。
参加者に対して実技の点検やアドバイスを行います。また、学校生活や音楽科・美術科に関する質問・相談にもお答えします。
実技優秀者には「実技試験免除認定」を行います。実技免除認定会(音楽)や夏季芸術教室(美術)を受講して「実技免除候補」となり、本校の受験を考えている場合は、必ず冬季芸術教室(音楽・美術)を受講してください。
また、「芸術特別奨学生」を希望する場合は、必ず冬季芸術教室に参加してください。
美術については、1,000円の受講料をいただきますが、夏・冬両方の芸術教室を受講する場合は、冬季芸術教室の受講料はかかりません。

実技免除認定会・芸術教室については、下記リンクよりご覧いただけます。
音楽実技点検会・冬季芸術教室(音楽)についてはこちら
中学生のための芸術教室(美術)についてはこちら

ページトップに戻る
実技試験について教えてください。
音楽科 (詳細は入試要項P11参照) 美術科 (詳細は入試要項P12参照)

専攻実技

ピアノ/声楽/管楽器/弦楽器/打楽器/電子オルガン/作曲
※各専攻とも1曲を暗譜で演奏

鉛筆による静物デッサン

〈参考〉モチーフの例
【単願・推薦入試】〈45分〉
 紙箱とたまねぎ
【一般入試】〈60分〉
 紙箱と4つに切ったかぼちゃ

ページトップに戻る
普通科と音楽科・美術科の受験はできますか?

第1志望が音楽科または美術科で、第2志望が普通科Gコースの場合のみ可能です。
下記の受験型を参照してください。

受験型 A型 B型 C型 D型 E型 F型 G型
第1志望 Gコース Sコース Sコース 音楽 音楽 美術 美術
第2志望 なし Gコース なし Gコース なし Gコース なし
ページトップに戻る
どのくらいの成績で合格できますか?
各学科・コースによって基準は異なります。「単願・推薦入試」は調査書と面接、実技(音楽・美術)、で合否を判定します。また、「一般入試」は調査書と当日得点により合否を判定します。
詳しくは「学校公開」などでお話ししますが、出願にあたっては中学の先生ともよく相談してください。
ページトップに戻る
公立高校が合格したときには、入学金の返還制度があると聞きました。どんな制度ですか?
一般入試にて、一度本校の入学手続きをした後に、併願した公立高校に合格し、本校の入学を辞退する場合に限り、申請により入学金を返還する制度を設けています。
ページトップに戻る
奨学金制度はありますか?
本校独自の奨学金制度には、中学時の学習成績やクラブ実績、音楽・美術の活動実績、入試得点などを対象としたものがあります。他に、兄弟姉妹が本校に在学または卒業している者に対する入学金減免制度や、札幌大谷大学附属幼稚園卒園者に対して入学金の一部を返還する制度があります。
詳しくは入学試験要項P3、またはWebサイトの奨学金のページをご覧ください。
ページトップに戻る