HOME > 学校紹介 > 教育方針 地域貢献 > 2010年

教育方針

地域貢献

地域貢献一覧ページに戻る

2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年

2010.07.27

ひのまるちびっ子夏まつり

◆参加者:ボランティア委員
7月27日、ひのまる公園で、ひのまるちびっ子夏まつりが行われ、本校のボランティア委員も参加しました。

栄東地区民生委員・児童委員協議会が主催し、連合町内会や福祉のまち推進センター、児童会館、青少年育成委員、つどーむなど地域の団体と東区健康・子ども課が協力して行う、夏の一大イベントです。

参加者は保護者を合わせて1,000人を超え、子どもたちは一様に「楽しい!」と大きな歓声を上げ、また見ている保護者もそれに負けない歓声を上げて、会場はとても賑わっていました。

昔あそびや読み聞かせなど、遊びを通じた三世代交流が行われたり、高校生約100名がボランティアとしてまつりをサポートし、初めて参加した高校生は「小さな子とふれあえて楽しい」と良い笑顔で話していました。

子どもたちだけではなく、大人も良い笑顔になるお祭りとなりました。

ページトップに戻る

2010.02.23~2010.03.12

ハイチ支援募金活動

◆参加者:ボランティア委員
日本ユニセフ協会から依頼された「ハイチ地震で被災した子どもたちへの緊急支援」を受けて、中学・高校生徒会で全校生徒に呼びかけ、校内で募金活動をしました。中高合わせた生徒の募金総額と教職員の募金および学園祭益金により毎年積み立てられている「札幌大谷ボランティア基金」の一部を使い、合計20万円の送金をしました。
後日、日本ユニセフから感謝状が届き、生徒会広報「BIG POST」に掲示されました。

ページトップに戻る

2010.02.20

ウィンターロビーコンサート@シルバーハイツ羊ヶ丘

◆参加者:高等学校1年
2月20日 羊ヶ丘にあるシルバーハイツで本校の高校1年生がコンサートをおこないました。
全体ではアンコール曲を含め8曲の演奏を披露しました。拍手をしてくださったり、口ずさんでいただけたり、「情熱大陸」という曲では手拍子で盛り上がりました。「七つの子」の合唱ではたくさんの方が一緒に歌ったり、涙を流して聞いてくださる方もいました。最後に握手を求められて、嬉しそうな生徒の姿がありました。
生徒たちは、またコンサートをしたいと言っていました。

ページトップに戻る

2010.01

「エコキャップ回収」集計作業

◆参加者:ボランティア委員
平成20年の夏から始めている「エコキャップ回収運動」。ペットボトルのキャップを集めます。
各クラスに回収箱を用意し、年に1度、集計作業をします。平成21年度は約120kg(ポリオワクチン60人分相当)が集まり、前年度の約3.5倍でした。全校生徒が積極的に取り組んでいるボランティア活動です。札幌大谷大学の学生もこの回収運動に参加し、学園をあげてボランティア活動に励んでいます。
この他に、ボランティア委員会から「あしなが街頭募金」の参加を呼びかけ、年2回の募金活動をしています。

ページトップに戻る