茶道の授業

本校では、男女とも茶道の授業を行なっています。床の間には「和敬静寂」の掛け軸がかかっています。「和敬清寂」とは・・・

お茶の精神をあらわす禅語。千利休が唱えたといわれる。「和」「敬」は主客相互の心得であり、「清」「寂」は茶庭や茶室に関連する心得。

「和」:同士がお互いに仲良く協調し合うということ。

「敬」:同士が尊敬し合うこと。
「清」:身も心も清らかに。
「寂」:普通ということ。どんな時にも動じない心を意味する

 

お茶の授業を通して、人願関係の作り方、自身の生き方を省みる機会にして欲しいと願っています。

カテゴリー: 未分類.