HOME > 中学校 > 教育内容 教員紹介 > 英語

教育内容

教員紹介

>教員紹介一覧へ戻る

英語

山本 通子(英語)

言葉の後ろには

中学生になって初めての英語の授業で、「英語は言葉だからたくさん声を出して教科書を読んでくださいね」と言われたのを覚えています。

そのとき私はもう中学生なのに声に出して読むのは恥ずかしいと思ったものでした。しかし、読むテストがあって家で練習したときに、黙読だけと音読とではずいぶん英文に対する親しみ方が違うのだとわかりました。

その後大学でスピーチの授業があり、ただ英語を話せばいいのではなく、何を話すのかが大切なのだと気づきました。日本語もそうですが、言葉にはその人柄や考え方など個性が表れます。様々な目標を持った仲間と切磋琢磨しながら、のびのびと楽しい学校生活を送り、心豊かな言葉を話せる人なってほしいと願っています。

篠原 彩乃(英語)

夢を叶えるための6年間を、大谷で

未来の自分は今の自分の積み重ねだと思います。ですから夢を実現させるためには、今この一瞬をどう過ごすかを自分で考え、行動しなければなりません。これから皆さんが迎える中学・高校生活は、人生でたった6年間しかない大切な時間です。

私もかつて大谷で学び、誰にも負けないくらい良い学校生活を送ることができたと感じています。教員になりたいという夢を持ったのも、大谷で沢山の先生方に支えてもらった経験から、私も人の力になりたいと思ったことがきっかけです。大谷で学ぶという選択をした皆さんにも、いつか「大谷で良かった」と思ってもらうことが、今の私の夢です。

私は大谷生の皆の貴重な学生生活を、教員として共有できることに本当に嬉しさを感じています。夢を叶えるための6年間を、大谷でスタートさせませんか。一緒に頑張りましょう。

山本 雅久(英語)

他の言葉を学ぶということは皆さんが生まれてから日本語を学んだように0から始めることになります。しかし、「英語はコミュニケーションを取るための手段」と考えると日本語を話せるようになった皆さんからすれば英語を学習するのはそれほど難しいことではないように思います。

私が常に心掛けているのは「楽しく教える」です。学校生活では楽しいことだけでなく、たくさんのことがあると思います。しかし、大谷での学校生活が「すごく楽しかった!」と思ってもらえるよう、力になりたいと思っています。みなさんに会える日を楽しみにしています!