HOME > 中学校 > 教育内容 音楽コース

教育内容

音楽コース コースの特色

音楽コース

技術、知識、心を磨く。

ポイント1 充実した音楽環境とプロによる指導体制。

音楽室やピアノレッスン室などの専用設備が12室。少人数授業を基本とし、現役演奏家として活躍する優秀な先生による個人レッスンも行っています。

ポイント2 音楽への情熱をかき立てる多彩な授業。

マンツーマンの実技と少人数によるソルフェージュを1年生で週2時間、2・3年生で週4時間確保。定期演奏会や鑑賞会、校外コンクールなどの行事も多彩です。

◆音楽コースの行事

  • 定期演奏会

    9月には高校音楽科の定期演奏会に1~2ステージ出演します。12月には、中学音楽コースだけの定期演奏会があり、全員が札幌大谷大学のホールで演奏します。

  • 鑑賞会

    年に数回、鑑賞会が実施されます。音楽を学ぶ姿勢や、音楽の奥の深さを知ることができます。昨年は劇団四季の「キャッツ」を鑑賞しました。

  • 校外コンクール

    学校外で演奏し、さまざまな指導者からの評価を受けられます。コンクールに向けての試演会を校内で実施するため、事前準備もばっちりです。ピアノ連弾にも気軽に挑戦でき全国大会へつなげる力がつきました。

ポイント3 2・3年生は土曜日が音楽集中日。

実技とソルフェージュの授業の他に、実技試験のリハーサル、文化祭の練習、定期演奏会の練習も土曜日授業で行っています。

コース独自の週34時間授業

◆時間割(例)

時間割

※2・3年生の例。1年生は週32時間

◆公立との時間数比較

公立との時間数比較(2013年度)

※指導要領改訂に伴い変更になる場合があります。

スタッフの紹介

斉藤 香苗(ピアノ)

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科卒業、東京音楽大学研究科修了。札幌、京都でソロリサイタルを5回開催。他、各種コンサートに出演。PTNA、日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション、全日本学生音楽コンクール、毎日こどもピアノコンクール等の審査員を務める。また、公開レッスン、講座も数多く務める。現在札幌大谷中学校・高等学校教諭。札幌大谷大学講師。

及川 博史(ヴァイオリン)

北海道教育大学札幌校特設音楽科卒業。ライプツィヒ音楽大学卒業。井上需、ゲアハルド・ボッセ、ヤーノシュ・マテー氏らに師事。現在札幌大谷中学校・高等学校講師。札幌大谷大学講師。

菊地 志野(ピアノ)

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。
平成21年度札幌市民芸術祭新人音楽会にて市民芸術祭奨励賞を受賞。第34回ピティナピアノコンペティション・グランミューズ部門全国決勝大会入選。第13回万里の長城杯国際音楽コンクール第3位、入賞者演奏会に出演。三岸好太郎美術館ミニリサイタル、JRタワーそらのコンサート、kitaraあ・ら・かるとミニコンサート等に出演。ピアノを青山佳奈美、斉藤香苗、中山ヒサ子、水田香の各氏に師事。現在、札幌大谷中学校・高等学校専任講師。